スポンサーリンク

[漫画] 鬼滅の刃 “1~22巻” (Zipper漫画帳)

タイトル:鬼滅の刃
読み:Kimetsu no Yaiba

スポンサーリンク

みんなのレビュー


“鬼滅の刃は現在アニメ化されて毎週放送されている大人気のアニメです。話の内容としては、主人公の人間だった妹が鬼になってしまいました。
鬼は人間を食べてしまうので主人公は妹を人間に戻すために強くなり戦います。とても兄が妹のために頑張っている姿がかっこよく面白い作品です。
戦いの描写が個人的にすごく好きで作品に引き込まれます。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“鬼が人を襲う世界に住む少年が、鬼になってしまった妹を人間に戻すために、鬼と戦う物語です。少しグロテスクな描写もありますが、主人公の少年の、まっすぐな性格と、鬼になってしまっても、人を襲わず、兄を助ける妹の家族愛が心にしみます。また、少年がどんどん強くなっていき、成長する姿は、見ていてワクワクします。仲間も増えていくので、これからも楽しみな作品です。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“設定は大正時代、鬼狩りをテーマとした作品ですが家族愛、仲間愛が盛り込まれ、さらに独特の絵柄なのでどんどん引き込まれていきます。
ホラー的な要素だったり、死の表現だったり、ややグロテスクな場面もありますが、怖さを感じるわけでもなく物語の魅力となっています。
そして何より台詞が秀逸です。このシーンでなぜこの台詞?!というのが多々あり、笑いでもあり和みでもあり、登場人物のキャラクターを引き立てています。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“今年の春からアニメ化された、週刊少年ジャンプ掲載の大正時代活劇漫画です。主人公の竈門炭治郎は炭職人の息子でしたが、ある日家族を殺され、ただ一人残った妹の禰豆子は鬼と呼ばれる化け物となり、彼女を人間に戻すため鬼との戦いに身を投じることとなります。と、こう書くとさぞや陰惨な話なのだろうと思われますが、話の途中で唐突に挟み込まれる笑いどころ──汚い高音、長男だから我慢できたけど次男だったらできなかったという謎の長男理論、ラスボスによるパワハラ会議、雷に打たれて金髪になった男、シリアスな戦闘中に「あいつら囮にして逃げましょう!」→ドン引き→「冗談です!」など。シリアスとギャグの温度差や落差の激しさが楽しめる漫画となっております。ただ、人はぼろぼろと簡単に死にますしかなり重症を負ったりしますのでそこそこには悲惨ですし、それぞれのキャラクターの過去もかなり重く、時には憎むべきはずの敵の最期で涙したりもします。長くなってしまいましたが、読んで損のない、素晴らしい作品だと思います。絵柄が人を選んでしまうかもしれませんが、とりあえず我妻善逸の名前が出てくるあたりまで読んでみてください。お願いです。善逸が出てきてからが本番です。よろしくお願い致します。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“少しとっつきにくく感じるかもしれない『時代もの』ですが、【とりあえず読んでみる】といい漫画だと思います。ありきたりなのに、友達とか家族の絆とか人の世の善悪とか、そんなところで胸にぎゅーっと染み込んでくるんですよね。ギャグシーンのコミカルな可愛らしさにホッとしていると次回はもうもうドキドキの奈落の底とか、展開にもとてもワクワクさせてくれる作品です。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“大正の日本が舞台のバトルファンタジーです。主人公の心優しい少年、竈炭治郎が家族を「鬼」と言う異形のモノに殺され1人生き残り「鬼」に成った妹・禰豆子を人間に戻す為と家族の敵を取る為に「鬼」を退治する「鬼殺隊」の隊士になり仲間と共に強敵の「鬼」を剣1つで倒していくストーリーが楽しくて面白いです。首を切り落とすか太陽の日を浴びると消滅する強敵の「鬼」を相手に激しいバトルシーンがワクワク出来て面白くシリアスな展開とコミカルで笑える展開が見どころです。「鬼」にも「鬼殺隊」にもそれぞれ物語があるのも魅力の1つ年齢関係なく楽しめる作品だと思います。”
オススメ度:★★★★☆ (名無しのZipper)

“独特の世界観、テンポで進むストーリーに気づけばのめり込んでしまう、そんな作品です。鬼と戦うシリアスなストーリーですが、ちょいちょい挟まれる独特なギャグ。引き込まれます。繊細な絵柄で描かれるキャラクターはどれも魅力的です。アクションシーンが躍動感がありゾワゾワドキドキさせられます。キャラクターもいいです。”
オススメ度:★★★★☆ (名無しのZipper)

“大正時代の日本を舞台に炭売りの少年・炭治郎はある日家族を人を喰らう「鬼」に殺され1人生き延びたが「鬼」に変貌した妹・禰豆子を人に戻す為、家族を殺した「鬼」を討つ為に人知れず「鬼」を倒してきた鬼殺隊の隊員となり剣を武器に異形の「鬼」を倒す物語で炭治郎と禰豆子の絆の深さや鬼殺隊の隊士達の境遇や「鬼」と成った者の過去の境遇など様々なストーリー展開が面白いです。炭治郎達鬼殺隊の隊士が「鬼」を相手に死闘を繰り広げるところが迫力があって楽しく面白いと思います。”
オススメ度:★★★★☆ (名無しのZipper)

“この漫画はいつから存在しているかわからない鬼(人食い)と人との戦いを描いた作品です。単なるバトル漫画ではなく人と人との繋がりを力に変え主人公が成長していく様を描いた漫画です。第1巻で家族を殺された主人公がいかにして立ち直り強くなって行くのか非常に展開がスピーディーで読みやすい作品なので漫画初心者の方でも感情移入しやすくとてもオススメ出来るので是非皆様に読んで頂きたいです。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“”今現在アニメ化放送されている漫画です。
主人公の優しい性格に加え、妹の禰豆子の鬼になっても炭治郎や家族を思う気持ちなどにうるっと来る場面などが多々あります。
また人の死に関わってくる話なので、重い部分もありますが、炭治郎の前向きなところに触発され、それぞれが色々な気持ちを抱えながらも必死に前に進もうとする姿はかっこいいですよ!””
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“鬼にされた妹を人間に戻すため、鬼殺隊に入る炭治郎。
「世界一やさしい鬼退治」とある通り、主人公の炭治郎が泣けるほど優しくて素直で応援したくなる。
炭治郎の優しさ強さだけじゃちょっと胃もたれするところを、善逸、伊之助の絶妙なキャラクターがいい感じにしてくれる。
優しい物語なのに人気キャラでもあっさり殺してしまったりする。
ギャグも面白い。
少年ジャンプらしくない絵柄も魅力的。
今年はアニメ化もあるし、ますます今後が楽しみです。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“どこか可愛い独特の絵柄に、唯一無二の世界観。
大正時代を舞台にした、まったく新しい鬼退治物語です。
鬼に家族を殺され、妹を鬼にされた少年「炭治郎」をはじめ、鬼を深く恨む「鬼殺隊」の剣士たち。
人を殺して喰う鬼を、生身の身体を極限まで鍛えて追い詰めます。
呼吸法を駆使した戦い方に、一人一人違う刀。
そして非情さの中にも、優しさを忘れない主人公。
心が暖まります。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“「鬼滅の刃」は主人公の心優しい炭売りの少年竈炭治朗が家族を殺した鬼舞辻無惨〈鬼〉への復習と1人生き延びたが鬼になった妹を元の人間に戻す為に鬼殺隊の一員となり仲間と共に強敵の鬼と呼ばれるモノを倒す剣客バトルファンタジーで炭治朗たち鬼殺隊の活躍が面白い作品です。手に汗握る迫力あるバトルシーンが面白く個性豊かなキャラも多くて魅力的な作品です。”
オススメ度:★★★★☆ (名無しのZipper)

“現在、週刊少年ジャンプに絶賛連載中の、漫画です。作者はジョジョファンだそうですが、ジョジョよりはまってしまいました。あらすじは、千年人間を食べととながら、生きているラスボスの鬼と、その家来と戦こんなのが、う物語です。当時中学生の息子は、「こんなのが、ジャンプに連載されて良いって…」と、否定的でした。それくらい、インパクト強めだったのでしょう。私は連載開始から、気に入ってました。今では、2ちゃんねるに、信者がいるほどです。まあ、とにかく、あの面白さは、読めばわかる。一度読んでみてください。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

皆さまのレビューもお待ちしております!
レビューはお問い合わせより

最新刊発売日

巻数: 22巻
発売日:2020年10月02日

アーカイブ(楽天リンク)

※クリックで商品ページへ遷移します

鬼滅の刃
(1巻)
鬼滅の刃
(2巻)
鬼滅の刃
(3巻)
鬼滅の刃
(4巻)
鬼滅の刃
(5巻)
鬼滅の刃
(6巻)
鬼滅の刃
(7巻)
鬼滅の刃
(8巻)
鬼滅の刃
(9巻)
鬼滅の刃
(10巻)

鬼滅の刃
(11巻)
鬼滅の刃
(12巻)
鬼滅の刃
(13巻)
鬼滅の刃
(14巻)
鬼滅の刃
(15巻)
鬼滅の刃
(16巻)
鬼滅の刃
(17巻)
鬼滅の刃
(18巻)
鬼滅の刃
(19巻)
鬼滅の刃
(20巻)

鬼滅の刃
(21巻)
鬼滅の刃
(22巻)

鬼滅の刃
(全巻検索)

鬼滅の刃 片羽の蝶

鬼滅の刃 しあわせの花

電子書籍DLのススメ

Zipper漫画帳は漫画・ライトノベル(ラノベ)の紹介をしています。
漫画を集める時は、リアル書籍ではなく、かさばらないダウンロード(電子書籍のDL)をオススメ。(違法サイトでのtorrent,zip,rawファイル等のDLは危険を伴います。マンガは正式な販売元で購入しましょう!)
筆者:zipper