スポンサーリンク

[漫画] ワールドトリガー “1~22巻” (Zipper漫画帳)

タイトル:ワールドトリガー
読み:World Trigger

スポンサーリンク

みんなのレビュー


“巷で「遅効性SF」とも評される本作は、その綿密に作り込まれた独自の設定や世界観がとても魅力的です。
特に集団戦(チーム戦)の描写は圧巻の一言で、敵味方はもちろん味方同士のパラメータや技の相性に至るまでがよく練られており、既存の武器や技術を応用した様々な戦術が次々と飛び出してきて感心させられます。
また作中には世界観やキャラクターにまつわる伏線が丁寧にちりばめられているため、再読するたびに新しい側面が見つかってどんどんと面白くなっていきます。まさしく遅効性SFという名が相応しい、実に味わい深い作品だと思います。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“ネイバーと呼ばれる、異世界からの侵入者と戦う少年たちの成長物語。
バトルものにありがちな主人公無双や無双キャラがいないとこが、読んでいて安心できる。
仲間の足を引っ張るようなキャラクターがいないところも安心です。
ネイバーの世界についてはまだ謎が多く、長い休載を終えて連絡を再開したばかりなので、これからが楽しみ。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“異世界からの侵略者ネイバー。それらの侵略を防ぐ界境防衛機関ボーダー。ボーダー内の訓練の一環である、ボーダー隊員同士によるランク戦。ゲームのような細かい設定に基づいた、チーム戦が見どころです。ボーダー内のチーム数は30隊前後。各チームごとに得意な戦略、戦術があり、それらを駆使してランク戦が繰り広げられます。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“強くもなく特殊な設定もない主人公が失敗しながら先へ進んでいくのが王道っぽくなくて面白い。戦闘シーンが武器もかっこいいし、力だけじゃなく戦略で勝負が決まるところがあるのも先が読めなくてどんどんはまり込んでいく。いろんな考えを持った個性的な登場人物が多いのも読んでいて楽しい。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“世界観は、侵攻してくる異界のモンスター達に立ち向かう主人公達、という割とありがちなものですが、一対複数で描かれることも多く、団体戦の面白さと奥深さを味わえる作品だと思います。キャラクターは学生が多く、思わず母性本能をくすぐられるシーンも多いです。いい年の大人のお姉さん達にもぜひ読んでいただきたいです!”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

皆さまのレビューもお待ちしております!
レビューはお問い合わせより

最新刊発売日

巻数: 22巻
発売日:2020年06月04日

アーカイブ(楽天リンク)

※クリックで商品ページへ遷移します

ワールドトリガー
(1巻)
ワールドトリガー
(2巻)
ワールドトリガー
(3巻)
ワールドトリガー
(4巻)
ワールドトリガー
(5巻)
ワールドトリガー
(6巻)
ワールドトリガー
(7巻)
ワールドトリガー
(8巻)
ワールドトリガー
(9巻)
ワールドトリガー
(10巻)

ワールドトリガー
(11巻)
ワールドトリガー
(12巻)
ワールドトリガー
(13巻)
ワールドトリガー
(14巻)
ワールドトリガー
(15巻)
ワールドトリガー
(16巻)
ワールドトリガー
(17巻)
ワールドトリガー
(18巻)
ワールドトリガー
(19巻)
ワールドトリガー
(20巻)

ワールドトリガー
(21巻)
ワールドトリガー
(22巻)

ワールドトリガー
(全巻検索)

ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE

電子書籍DLのススメ

Zipper漫画帳は漫画・ライトノベル(ラノベ)の紹介をしています。
漫画を集める時は、リアル書籍ではなく、かさばらないダウンロード(電子書籍のDL)をオススメ。(違法サイトでのtorrent,zip,rawファイル等のDLは危険を伴います。マンガは正式な販売元で購入しましょう!)
筆者:zipper