[漫画] ブラック・ラグーン(BLACK LAGOON) “1~12巻” (Zipper漫画帳)

タイトル:ブラック・ラグーン(BLACK LAGOON)
読み:Black Lagoon

アーカイブ

ブラック・ラグーン
(1巻)
ブラック・ラグーン
(2巻)
ブラック・ラグーン
(3巻)
ブラック・ラグーン
(4巻)
ブラック・ラグーン
(5巻)
ブラック・ラグーン
(6巻)
ブラック・ラグーン
(7巻)
ブラック・ラグーン
(8巻)
ブラック・ラグーン
(9巻)
ブラック・ラグーン
(10巻)

ブラック・ラグーン
(11巻)
ブラック・ラグーン
(12巻)

ブラック・ラグーン
(全巻検索)

最新刊発売日

巻数:12巻
発売日:2021年08月19日

レビュー一覧


“とにかく登場してくる女性が皆強い!そしてカッコイイ!!
その中でも私が大好きなのはレヴィとバラライカです。バラライカがメインの話がもっと見たい!!
私自身そうなんですが、普段あんまり漫画は見ないなぁ〜っていう人でも、洋画が好きな人、特にタランティーノなんかが好きな人には、かなりおすすめできると思います。
ただひとつ、なっかなか連載が進まないのだけが残念です。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“日本の一般的なサラリーマンであったロック。とある事件をきっかけに南国タイの無法地帯ロアナプラのギャングの仲間となるロック。そこで繰り広げられるハードボイルド。銃撃戦の描写がリアルで迫力があります。とある事件をきっかけにロック本人すら気ずかなかった本性があらわに。ロックがどう変貌して行くのか、仲間のレヴィとの関係は?非常に楽しみです。ただ、もう少しお色気シーンがあってもいいんじゃないかと思います。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

皆さまのレビューもお待ちしております!
レビューはお問い合わせより

書籍情報

岡島緑郎は旭日重工の会社員。重要なディスクを、ボルネオ支社まで船で運ぶ役目を担っている。だがその途中、「ブラック・ラグーン」と名乗る4人組に襲われ、緑郎は人質に取られてしまった。ブラック・ラグーンは、クライアントからの注文を忠実にこなす裏社会の運び屋だ。旭日重工は、東南アジアへの非合法ルートを使って密貿易をしていて、クライアントは、自分たちもそれに一枚噛ませろと要求しているのだった。旭日重工は機密を守るため、ディスクも緑郎も海の藻屑にしてしまおうと、ブラック・ラグーンの乗る船に攻撃を始める…

電子書籍DLのススメ

Zipper漫画帳は漫画・ライトノベル(ラノベ)の紹介をしています。
漫画を集める時は、リアル書籍ではなく、かさばらないダウンロード(電子書籍のDL)をオススメ。(違法サイトでのtorrent,zip,rawファイル等のDLは危険を伴います。マンガは正式な販売元で購入しましょう!)
筆者:zipper