スポンサーリンク

[漫画] 薬屋のひとりごと “1~7巻” (Zipper漫画帳)

タイトル:薬屋のひとりごと
読み:Kusuriya no Hitorigoto

スポンサーリンク

みんなのレビュー


“推理小説のような要素があるので、小説が好きな人にもオススメです。世界観や設定がしっかりしていて読みやすいと思います。キャラクターのクセが強いカンジなのでコメディ感も強めです。シリアスからコメディの流れがなかなか上手なので、ついつい物語の中に引き込まれてしまいます。まだまだ原作も続いているので今から読んでも十分楽しめる作品です。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“広告で見た時から気になっていて本屋に行く即購入しました。
主人公が後宮で次々と起こる謎を解明しつつ、イケメンな宦官に気に入られて謎解きに協力してもらうという話です。
少しずつ主人公の猫猫(マオマオ)が宦官を気にし始めていくところで思わずきゅんっとしました。
猫猫や宦官が抱えている過去、巻を追うごとに少しずつわかるので次の巻が待ちきれなくなっちゃいます。
コミックス版とネット版では多少絵柄が違いますが、どちらも同じくらい良さがあります。絵柄が違くてもストーリーに差はないのでどちらのコミックでも楽しめる漫画なのでオススメします!”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“中国風の後宮ミステリーです。絵が綺麗なので入りやすいと思います。謎解きがメインの漫画ですが、恋愛要素も少しあります。ただ、主人公が恋愛に興味なしで鈍いタイプなので進展はとてもゆっくりなのですが、逆にそれがもどかしくてニヤニヤしてしまいます。早く進展して欲しいような、もっと楽しみたいような…毎回楽しみです。”
オススメ度:★★★★★ (名無しのZipper)

“TwitterのPRで表示されたのがきっかけで、コミックスを買いました。原作小説のコミカライズで、2つの出版社から出ているようです。私が読んだのは「ビッグガンガンコミックス/作画:ねこクラゲ」の方です。絵が好みだったので読み始めました。主人公・猫猫(マオマオ)が自身の知恵を武器に生き残ろうとする姿が、可愛い絵柄に迫力を添えてます。中華ミステリーと帯がつき、「帝の後宮」とか「纏足」とか人によっては苦手かもしれませんが、華やかな画面は見ていて楽しいです。”
オススメ度:★★★★☆ (名無しのZipper)

最新刊発売日

巻数:7巻
発売日:2020年11月25日

アーカイブ(楽天リンク)

※クリックで商品ページへ遷移します

薬屋のひとりごと
(1巻)
薬屋のひとりごと
(2巻)
薬屋のひとりごと
(3巻)
薬屋のひとりごと
(4巻)
薬屋のひとりごと
(5巻)
薬屋のひとりごと
(6巻)
薬屋のひとりごと
(7巻)

薬屋のひとりごと
(全巻検索)

電子書籍DLのススメ

Zipper漫画帳は漫画・ライトノベル(ラノベ)の紹介をしています。
漫画を集める時は、リアル書籍ではなく、かさばらないダウンロード(電子書籍のDL)をオススメ。(違法サイトでのtorrent,zip,rawファイル等のDLは危険を伴います。マンガは正式な販売元で購入しましょう!)
筆者:zipper